銀座三越や松屋銀座、銀座和光、各県アンテナショップがある東京都中央区の銀座一丁目は、国内でも有名な繁華街で,高級ブランドが軒を並べるだけではなく、中小規模のファッションビルやファストファッションが共存するトレンドの発信地です。また。ファッションだけでなく家電やデジタルにも強い街で、東京の中でも、銀座一丁目は食、文化、情報通信の企業、店舗も数多く集積する他の街とひと味違う街なのです。貸事務所の賃料の相場は、銀座のブランド価値が加わり高値ではありますが、東京駅周辺よりはまだ安い傾向があります。こんな銀座一丁目に貸事務所を探すときには、賃料の相場や経済動向を加味しながら、企業の規模、予算と照らし合わせて、よりベストな時期、よりベストな貸事務所を検討することが大事です。

銀座一丁目での安価な貸事務所とはどういうところなのか。

貸事務所の選び方として、立地、契約面積、内装と外装のグレード、床仕上げや、インフラ、駐車場や共有部といったビルスペック、移転時期や予算をよく確認しましょう。銀座一丁目で貸事務所を借りるときには、景気に大きく影響を受ける不動産だからこそ、経済動向をよく観察することも大事です。銀座一丁目の貸事務所の1坪あたりの賃料の平均価格が、20~30坪の場合が安価となっています。また、銀座一丁目での安価な物件は、築年数が古く、駐車場がない、トイレ、給湯室が貸事務所の外部の他の会社との共有、エレベーターが1基しかないなど、ビルのスペックが低いことが多いのです。また、マンションなどは、上部の階ほど値段が上がりますが、貸事務所の場合、上部の階ほど値段が安いことも覚えておきましょう。

銀座一丁目での安価な貸事務所を借りる時期

貸事務所の物件が多く出てくる時期は決算のシーズンである10月ごろと3月ごろの年に2回です。この時期に、物件を探すといいでしょう。銀座一丁目の貸事務所の賃料は、銀座という土地が食、ファッション、家電、情報のトレンドの発信地だからこそ、景気によって大きく乱降下します。マーケット情報を常に把握しておきましょう。また、この土地は、人気の土地であるため、貸事務所の空室があまり目立ちません。より空室率が低い時期は、坪単価も高くなりますので注意しましょう。このような銀座一丁目というトレンドの街に事務所を構えることは、企業を大きくアピールできブランド力も上がることでしょう。また、ビルのオーナーの方によっては、不動産で探した物件の値段よりも下がることもありますので、必ず値段交渉も行ってください。